FC2ブログ
TITLE スポンサーサイト --.--.--

 

ENTRY
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TITLE 7月マップ 2017.07.29

 

ENTRY

20170630230403e12.jpg

7月中はトップになってます。
七月は花から蝶に変わったため引き連れモンスターが増えましたねw
おおまかな沸き時間など調べたので参考にどうぞ!

・下にいる花と牛は最初から湧いてます。

・マナラインの蝶が開始15秒程度で沸きます。
リアクター時計が目安。
20170630232654580.jpg

・リアクター時計が3時頃(1回目のスペシャルマナ前に端の牛、と下の狼が沸きます。
20170630232723971.jpg


・リアクター時計9時頃(スペシャルマナ2回目前に自陣から斜めに行った所の蝶が沸きます。
20170630232720a35.jpg


開幕はグレイフルに行かず下の牛を狙いに行くのがいいと思います。
最初下に行くとき二手に分かれるのも可。
牛の取り合いが終わるか途中くらいに狼が沸くので取れたら取ろう。
下のレーンを取られているようなら敵のマナラインを狙うのも良い。
今回も中々開幕が重要になりそうな予感。

とりあえずこんな感じかな?
また本線始まって良い案が出てきたら更新しますね。

7/5追記分
七月のマップ始まってもうすぐ一週間になりますが、
大体の良い行動、悪い行動わかって来たので、
ブログ主の主観ですが参考にしてもらえると嬉しいです。

開幕
・別れてマジコボルを狩り下の牛へ。
・蝶はタンク役以外が取るのがベスト。
・勝った場合も負けた場合も下に行く。
・牛を送られても開幕死んだ味方に任せるか、
死んでないなら1人だけ戻るのも可。

下を取る利点は狼二匹と蝶二匹と牛一匹とマジコボル二匹。
相手に取られると厄介なものばかりで、味方が取ればだいぶ有利になる。
ここで注意するのは余裕があれば蝶は一匹ずつ味方と分けよう

もし開幕下を取られた場合全員で再度行くことができなさそうならマナラインに行き、
敵を釣りつつマナラインを攻撃をすることができれば敵を分散させることも可能だろう。
敵の戻りが遅れてマナラインを破壊できれば有利になるし、下もそのあと取りやすくなるだろう。
敵を連れた時に余裕があれば敵の蝶や狼を倒しておこう。
下が取れてもすでに狼や蝶をとられていては再度湧かないので注意が必要。

逆に戻るタイミングとしては相手がマナラインきた時に戻ったほうがいいのですが、
相手が2人またはグレイフルを送られた場合は全員でもどったほうがいいです。
理由はグレイフルは倒すのに時間がかかりその間に二個目も壊されると後々かなりきついからと、
グレイフル+敵エージェントの場合、
エージェントに手こずってグレイフルに壊されてしまうからです。

だからと言って無理にグレイフルを取りに行くと、
グレイフルの体力少ない時に横取りされたりするので、
倒すタイミングは慎重にかつ確実にいきたいですね。

1回目のスペシャルマナ

・下と真ん中の片方を取ればとりあえずマナ的有利は取れるので、
焦らず下を確実に取り狼と蝶をとり真ん中にいるスペシャルマナを取りに来ている敵を倒す。
真ん中を取りに来ている敵はグレイフルに少なからず殴られているのでHP有利を生かし倒す。
暇だったらそこでグレイフルを倒すのも可。


2回目のスペシャルマナ

・基本的には1回目と同じだが、ここで勝利するとだいぶ有利にリアクター戦を進めることができる。
何故かというと、ここで勝利すればすぐ始まるリアクター戦に蝶や狼を取りながらリアクターに迎えるからである。
引き連れモンスターを手早く集めリアクターが出る前にを待ちかまえよう。



リアクター戦
・主に有利が取れて居たら決着がつくまでリアクターに向かえば良い。
スペシャルマナや狼を取りに行くのは相手に人数有利を作られ、
リアクターを殴られ続けられるか直ぐに味方が死んでしまうだろう。
味方が死んでもマナを与えてしまうし、リアクターを殴られ続けられても直ぐダウンさせられるので、
基本的にはリアクターに向かおう。
もしどうしても向かいたい時や不利な状況な時は一度全員で攻めて敵を全員倒してからじゃないときついかもしれない。



コメント
コメントを投稿する
 
 
 
 
 
 
 
 
トラックバック

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。